うつ病の種類や症状を理解して、治療に励もう

正しい治療で良くしよう

性格に影響される

うつ病の症状は性格に影響されているという事も挙げられます。自分に厳しく責任感が強いという人に多く見られてしまう症状であり、また、他人からの評価が気になって被害妄想に陥ってしまうなど様々なパターンがあります。

もっと読む

PICKUP

掛かりやすい性格

うつ病になりやすい人は様々なタイプがあるので、自分はそのような症状に掛かりやすいのか見直しを図っていくようにしましょう。また、受けるストレスの耐性も影響されるので、これらについても医師が判断を行ってくれます。

詳細を確認する

CONTENTS

復職のサポート

うつ病になってしまうと、日常生活に影響を与えてしまう可能性があります。職に付くのも難しくなりますが、最近では患者に向けて就職のサポートを行ってくれるシステムが注目されるようになっています。

詳細を確認する

TOPICS

生活環境による

生活環境によってうつ病に掛かりやすいかどうかが判断されます。また、改善を図るために原因について知っておくことで、どのようにうつ病の治療を進めていくのが判断が行えます。

詳細を確認する

サービスを受ける

公的機関に頼ることによって、お得に精神疾患を改善するための対策方法を知ることが出来るので、経済的な負担がかかってしまうことが防いでいくことが可能になっています。

詳細を確認する

双極性障害もある

うつ病の原因をはっきりさせる事で的確な治療法が分かります。これからスムーズに治療を進めるならカウンセリングをする事をオススメします。

定型または非定型うつ病の発症のメカニズム

 うつ病が厄介なのは、うつ病のタイプによって原因がバラバラであり、しかも病気だとはなかなかわかってもらえないという点にあります。定型うつ病と呼ばれるものが一般的なうつの症状ですがそれはストレスから発症する場合があります。主に真面目で責任感が強い場合に大きな精神的ショックを受けてしまうことで、落ち込んでしまいます。ただそれをひどくしたのがうつ病の代表的な症状です。心だけではなく、吐き気や食欲不振または拒食、下痢など体にも症状が現れることがあります。  しかし非定型のうつ病の場合は原因が少し違ってきます。これは、ちょっとしたことでそれを増幅して受け止めてしまい、その結果大したことも言っていないつもりでも精神的なダメージを受けてしまいます。これは育った環境に起因していることがあります。適応障害や人格障害など他の心の病が隠れている場合もあります。

双極性障害の発症のメカニズム

 さらに双極性障害という病気もあります。最初はうつ病だと思っていたら双極性障害と診断されるケースが多めです。双極性障害の診断は定型うつ病よりもかなり難しいです。原因についてはこちらは遺伝的な要素が関係しているとは考えられています。ただしまだはっきりと解明されてまではいません。  ただし発症のメカニズムとしては環境の変化や過度のストレスによって発症することなどが挙げられます。  こうしたうつ病の原因となっているものを取り除くことが、根本的な治療には欠かせません。  しかし、日頃多忙である場合は根本的な治療には結びつかない場合もあり課題の一つとなっています。また、うつの症状はたぶんに人から誤解されやすいことも厄介な部分といえます。  重度のうつ病や双極性障害の場合は放置すると自殺の危険がある病気ですので、周囲がどれだけ本人の病気に気づいてあげられるかが鍵です。

まずはカウンセリングで相談してみることも有効です

自分にうつ病の気が見られた場合、本当に自分がうつ病であるのかどうかは気になるところです。 実際、うつ病に代表される症状は「抑うつ症状(うつ症状)」と呼ばれていますが、 これが認められる病気はうつ病以外の精神疾患にも多く存在します。 したがって、はじめに考えたい点は、自分がうつ症状を発症した原因となります。 うつ病の症状がひどい場合、自分で物事を考えられなくなるケースも少なくはないのです。 したがってその場合は抗うつ剤などの薬に頼ることになります。 しかし、抗うつ剤はうつ症状を和らげるだけのものであり、根本的な原因を取り除くものでは ないのです。 そうした原因をともに考えていくパートナーとしてカウンセラーがいます。 カウンセリングサービスはネット通話やメールなど、在宅で受けられるものと 直接公的施設に訪ねる形態のものがあります。 前者の場合、平均的な価格は月単位のフリーパスで8000〜10000円程度、 後者の場合は10分あたりで1000円の時間制が平均的です。

うつ病の原因には特徴があります

先述したカウンセリングサービスは自分のうつ病の症状の強さに応じて料金も 大幅に変わってくるのです。 カウンセリングの方針としては、重症の場合を除き、 根本的な原因を調査することにあります。 カウンセラーがうつ病に関して適切にアドバイスできるのは、 うつ病の原因には、患者共通の特徴があるからです。 多くの場合、うつ病の本当の原因は患者本人にあるといわれます。 これは、本人に非があるという否定的な指摘ではなく、 自分のうつ病を克服できるのは自分だけだというものです。 典型的なうつの患者には「頑固で融通の効かない気質」が認められ、 俗に言う新型うつの患者は「嫌なことに対する逃避傾向」が見られます。 こうした気質・性格的な基本的な特徴に加えた、本人の個性的な問題を以て カウンセラーは患者の根本の課題を探ることになります。

RECOMMENDED LINKS