うつ病の種類や症状を理解して、治療に励もう

テクスチャ

復職のサポート

うつ病からの復職をサポートする会社が増えてきています

うつ病罹患者の中でも、もっとも精神的に追い詰められやすい条件があります。 「社会人のうつ病」です。 社会人の場合、うつ病によって今の仕事を手放さなくてはないのではないかという懸念があります。 また、それが原因でうつ病の症状をより悪化させてしまうことも少なくはないのです。 こうしたうつ病に悩む社会人向けのサービスを提供する会社が増えています。 そうした取り組みの目標は「何度でもチャレンジできる人生にすること」です。 この活動の中で、クライアント(患者)達は自分をうつ病に追い込んだ原因を考察し、 精神衛生上より適切な物事の考え方を身に付けていきます。 また、社会人向け以外にも学生の不登校やニート・ひきこもりのクライアントに対しても 同様のサービスを行う取り組みも活発に行われています。

サポートサービスを受けるまでの主な流れは以下のようになります

先述したサービスを受けるためには、まずはクライアントとしての手続きが必要です。 どのサービスでも、まずはじめに「利用申請申込みフォーム」に記入することから始まります。 サービスによって、手書きの申請書類が自宅あてに郵送されることもあります。 しかし最近はネットサービスの流行の影響で、HPのフォームで電子上でやり取りすることが多いです。 また、そのサービスが自分にあっているのかどうかを確かめるために 1回目の利用の前に電話やメールでの相談を受け付けていることが多いのです。 その際は、主に自分がうつ病を発症した原因に関して相談することがすすめられています。 原因によって、展開されるカリキュラムが異なるからです。 相談と申込みが終わった段階で体験プログラムを受け、 次回以降の利用の方針をクライアントと企業側で協力して立てていくこととなるのです。