うつ病の種類や症状を理解して、治療に励もう

テクスチャ

サービスを受ける

うつ病に向けたお得なサービスを紹介します

うつ病になってしまった場合、多くの社会的な活動の能力に制限がかかります。 また、自分がなぜうつ病になってしまったのか、その原因を考察する必要があります。 原因を解き明かし、解決することに向けてのサポートサービスが充実するようになりました。 しかし、これらの公的機関を利用するにあたって、どうしても金銭的な事情がネックになるのです。 うつ病をはじめとした精神疾患へのサービスは比較的高額であることでも知られています。 その医療費などの負担を軽くする制度があります。 「自立支援医療」制度と呼ばれるものです。 この制度を利用した場合、医療費のうち自己負担額が10パーセントにまで抑えられます。 医療費の負担額を最小限にまで抑え、長期的にじっくりとうつ病と向き合います。 医師のアドバイスも受けながら、その原因を考え、根本的に解決できるようになります。

実際に利用料金はどれくらいなのでしょうか

例えば、うつ病の医療費とは、診察料金に定期的に処方される薬代の合計などを指します。 例として、診察に3000円、週ごとに処方されるお薬代が1500円と仮定します。 この場合は一回の通院の医療費は4500円となるので、月の負担は18000円となります。 しかしながら、先日の自立支援医療の制度を用いるとこの額の10パーセントになります。 結果、一回の通院費用が450円、月で1800円にまで抑えられます。 うつ病の診察における平均的な料金は 診察料金が2000〜3000円であり、 処方される薬の周期はだいたい2週間となります。 薬代はおよそ2500円程度です。 月ごとに利用すると、もともとの料金は10000円程度となります。 さらに、お薬だけを通信販売サービスでネット購入することもできます。 ネット通販の特徴は、病院を通して処方されるものよりも価格がお得であることです。 具体的な価格は薬によってばらつきがありますが、1錠あたり100円未満であることが多いです。 しかし、独断で薬を通販で購入して使用することは大変なリスクを伴うことですので、 必ずうつ病の原因を考察してから利用するようにしましょう。